2006年12月11日

PGCDのスキンケア

PGCDが考える日本の女性が、忘れている美しさ

いつから私たちは「化粧をしなければならない」という先入観を持ち、素顔で人に会うことを恥ずかしいと感じるようになってしまったのでしょう。

PGCDが考える本当の美しさとは、表面を作り込むことで生まれるものではなく、あなたの精神や生き方からあふれ出すもの。

PGCDは男性の目を楽しませるためのメイクよりも、自分らしくいられるスキンケアをおすすめします。


PGCDは思います。ビジネスシーンに、ファンデーションは必要か。


働く女性は、忙しい。それなのに、貴重な時間や労力を、美しく「見せる」ことに費やしているという現実があります。そしてますます肌に負担をかけ、素肌への自信を失っていく。

素肌が美しければ、隠したり、飾ったりする必要はないとPGCDは考えます。

P.G.C.D.は、たった2ステップでファンデーション不要の肌へと導く、まったく新しいスキンケアステップです。


合理的な中に、美しさがある。


P.G.C.D.のスキンケアは、ただシンプルなだけではありません。肌にとって必要なものだけを選び抜き、少ないアイテムの中に凝縮させた、贅沢かつ唯一のレシピです。

PGCDは肌を無制限に甘やかすのではなく、本来の美しさを引き出すために研究を重ねました。また食べ物と同じように、安全であることが何よりも大切だとpgcdは思います。

P.G.C.D.は、肌に刺激を与える可能性のある成分は、一切使用していません。


PGCDは内側から輝く、ゆるぎない素肌へ。


P.G.C.D.が目指すのは、ファンデーションのいらない肌。それはただの理想ではなく、近い現実の話です。お手入れをして肌に自信が出てくると、ファンデーションを使う回数が減る。

するとPGCDを使うと肌の負担が減り、ますますイキイキと輝いてくる。

シンプルなお手入れを丁寧に続けることで生まれる息をのむほどの透明感は、どんなファンデーションにもかなわない究極の素肌美です。
posted by pgcd at 13:45| 日記